公共事業は、「使い捨て」時代から「環境維持管理」時代へ。

環境保全=バイオオーガニック工法

自然環境に対する社会的な関心のたかまりとともに、緑化工事においても生物多様性の保全を考慮した技術が求められています。

生物多様性の保全を解決する手法として、のり面に造成した生育基盤層を長期的に安定させ、自然の回復を早める工法を全国に普及しています。

社会資本維持補修・補強=乾式吹付工法

国土交通省はじめ、県・市町村を挙げて社会資本の補修・補強の時代に突入しようとしています。コンクリート構造物の補修・補強に適切なソリューションを提供し、社会資本の維持に貢献します。

BIOオーガニック工法/法面緑化工法例

BIOオーガニック工法/法面緑化工法着工前写真

着工前

BIOオーガニック工法/法面緑化工法完成写真

完成

Stoクリテックジャパン/コンクリート補修・補強工法例

Stoクリテックジャパン/コンクリート補修・補強工法例着工前写真

着工前

Stoクリテックジャパン/コンクリート補修・補強工法例完成写真

完成

▲ ページの先頭へ